出張エステで客が用意しないといけないモノってある?/風俗メンズエステ研究所

出張エステで客が用意しないといけないモノってある?

ラブホテルやレンタルルームでは用意するものはナシ

メンズエステはオイルを利用したりするので、布団やベットを汚さないようにしないといけません。
また施術の前後にシャワーを浴びるので、タオルも必要になります。

出張メンズエステでは、防水シーツや大判のバスタオルなどをセラピストが持参してくれます。
特に客側が用意しないといけないモノはありません。

施術やプレイに必要な物は全てセラピストが用意してくれますが、客が先にシャワーを浴びておく場合はタオルが必要になります。
またシャワー用のタオルは客側で用意してもらうシステムになっているお店もあります。これは事前に確認しておきましょう。

ラブホテルの場合はタオルやアメニティは揃っているので何も用意するものはありません。 ベットも広いし使い勝手を考えると、出張エステはラブホテルが1番利用しやすいと言えるでしょう。

当たり前ですが、プレイ代金の用意だけはお願いします。出来ればお釣りのないように用意されていると親切です。

自宅に呼ぶときの準備は?

自宅に呼ぶ場合もホテルに呼ぶとき同様に特に備品で用意するものはありません。もし、バスタオルなどが客側で用意が必要な場合は必ず洗い立てのものを用意しましょう。

自宅に呼ぶ場合は備品以外の準備が重要になってきます。
まずは清潔さです。
汚れていたり散らかっていたりして、清潔感のない部屋ではリラックスも出来ないし、出来る事なら部屋にあがりたくもないと思われます。

散らかっているとそこにカメラが仕掛けられているかもしれません。客の自宅というのはエステ嬢にとって完全アウェーです。エステ嬢のテンションが下がったり、不安になるような事があればサービスに影響が出かねません。

ベットルームはもちろん、エステ嬢が使う可能性のあるシャワールームや洗面所、トイレなども必ずキレイにしておきましょう。
水回りが汚いと部屋がどんなに綺麗でも清潔な印象がありません。

整理整頓されていても、ベット周りには物が全くないようにする必要もあります。
エステ嬢は部屋を汚さないようにかなり気を使います。

防水シーツや大判のタオルを敷いたりするのにモノがあっては邪魔ですし、施術の邪魔にもなります。汚したり壊したりしないようにモノに当たらないようにする為、動きも制限されてしまいます。

モノを減らすのは無理でも、出張エステを呼ぶときはベット周りはモノを置かない。コレ大事です。

自宅にメンズエステを呼ぶ時の注意点

自宅を清潔にしておくことは伝えました。他に気を付ける事はあるのでしょうか。

まず、少ないとは思いますがペットを飼っている場合は予約時に一言お伺いを立てていた方がいいかもしれません。
かごに入っていても、どうしても爬虫類や昆虫類がダメな人もいます。犬や猫はアレルギーを持っている人もいます。
たいていの場合問題ないと思いますが、一言お伺いを立てておけば気遣いの出来る人と思われて好印象です。

また貴重品は管理しておきましょう。自宅だと気が緩んでいるので、財布や大事なものをそこらへんにポンポン置いている男性は少なくありません。
エステ嬢が何かするわけではありませんが、自分の勘違いでもアレ?と思う事があるとお互いに嫌な思いをするだけです。 見えない所にしまうなり管理をしましょう。

最後におもてなしです。特にする必要はありませんが、自宅なのでつい「あ、飲み物でも飲む?」ともてなしてしまう人がいます。
気遣いはありがたいですが、自宅のグラスに口のあいたパックやボトルから注がれた飲み物は口に出来ません。小分けであってもお菓子なども同様です。

どうしても何かを用意していないと気まずいタイプの方は、未開封のペットボトルを数本用意して、選ばせる形で飲むか聞いてみると良いでしょう。

断られるかもしれませんので、その時は無理に持たせずにさっと引くことも忘れずに。

自宅にメンズエステを呼ぶときの注意点は、女の子を不安にさせることをしない、です。

過去記事:出張メンズエステでクレジットカードは使える?→

風俗メンズエステとは?基礎編

出張風俗メンズエステを呼んでみよう

風俗メンズエステのサービス・楽しみ方

業種別!ヌキありメンズエステ料金相場

相互リンクページ

当サイトからのお知らせ

免責事項

風俗メンズエステ研究所では、全てのコンテンツや画像、リンク先において厳重にチェックを施しておりますが、全てにおいて責任を負うことはできません。参考にされる場合は、ご自身の責任と判断の下ご利用下さいますようお願い致します。
風俗メンズエステ研究所 管理人