激安・大衆・高級メンズエステの違いって?/風俗メンズエステ研究所

激安・大衆・高級メンズエステの違いって?

メンズエステの価格差はプレイで決まる!

風俗の中でも特にリーズナブルな料金が特徴のメンズエステ。そのため基本的には同じ時間あたりならメンズエステのほうが安いはずですが、中にはデリヘルやファッションヘルスと同じくらいの料金になる高級メンズエステも存在します。

ではなぜ男性が受け身になって性感マッサージを受けるという基本は変わらないのに、このように価格差が出てくるのでしょうか。

メンズエステでは他の風俗より基本コースでできることが少ないため、より濃厚なサービスを受けたければオプションプレイを追加する必要があります。ここからが大きな違いで、激安~大衆メンズエステは基本プレイがシンプルですが、高級メンズエステは最初から基本プレイにオプションで付けるようなキス、ゴムフェラ・生フェラ、オールヌードなどが付いている場合が多いんです。

つまり、最低限のサービスが付いている店と、至れり尽くせりのサービスが受けられる店の違いというわけです。

他の風俗では風俗嬢のルックスも料金に反映されることが多いですが、メンズエステではこのように時間内でできるプレイの量や濃厚さによって料金が決まっていることがほとんどなんですね。

激安と高級メンズエステはこれだけ違う

メンズエステの価格差はプレイ内容の違いだ、ということは述べました。では実際に、一番安い激安のメンズエステと一番高い高級メンズエステではどれくらいの差があるのか、どんな違いがあるのかを比較してみましょう。

まず激安メンズエステでできることは、ボディマッサージを受け、その後性感マッサージにうつり手コキフィニッシュまでです。お得な店では洗体や回春マッサージが付いていたりします。

一方高級メンズエステでは、プレイ前からすでに特別感があります。まず洗体(混浴できる店も)してもらい、セラピストがオールヌードになり、性感タイムになればキス、フェラ、ソフトタッチ、タッチなど高級系オプションが全てといっていいくらいまとめて体験できます。

ちなみに中間の大衆的なメンズエステでは、高級店でできるたくさんんのプレイの中から1~2つ程度が選ばれて基本プレイに入っているような形です。基本プレイ+洗体や、基本プレイ+ソフトタッチなどですね。

激安店と比べて高級店は圧倒的にできるプレイが豊富ですが、それだけ料金が高いというデメリットも。では次に、自分はどの価格帯のメンズエステを選ぶのが正解なのか?を見ていきましょう。

どの価格帯のメンズエステを選ぶべき?

激安と大衆と高級。日本人ならつい中間の大衆メンズエステを選んでしまいそうですが、人によってしたいプレイや満足いくレベルが違うので一概に中間が無難とは言えません。

60分あたりで換算すると、激安店の料金は1万前後、大衆店は12,000~14,000円、高級店は16,000~18,000円ほどです。大衆店は激安店と比べて平均3,000円程高く、高級店は7,000円ほど高い計算になります。

価格帯が上がるにつれてできるプレイの数や濃厚さがアップすると考えると、自分がエステでしてみたいプレイがどれくらいのオプション料金で付けられるのかで考えると分かりやすいです。

もちろん店にもよりますが、洗体は約1,000円、トップレスやソフトタッチ、回春マッサージ、ゴムフェラは約2,000円、オールヌードや生フェラは約3,000円くらいが相場です。これらの中で自分が受けたいと思うサービスをピックアップしてみて下さい。

後からオプションで付けるほうが安ければ激安点や大衆店でオプションをつけて遊んだほうがいいですし、逆にしたいプレイが多く高級店を選んだ方がお得になる場合は最初から高級店を選んだ方が良いはずです。基本料金だけに捉われずにお店選びすることが大切です。

過去記事:風俗メンズエステは深夜・早朝でも利用できる?→

風俗メンズエステとは?基礎編

出張風俗メンズエステを呼んでみよう

風俗メンズエステのサービス・楽しみ方

業種別!ヌキありメンズエステ料金相場

相互リンクページ

当サイトからのお知らせ

免責事項

風俗メンズエステ研究所では、全てのコンテンツや画像、リンク先において厳重にチェックを施しておりますが、全てにおいて責任を負うことはできません。参考にされる場合は、ご自身の責任と判断の下ご利用下さいますようお願い致します。
風俗メンズエステ研究所 管理人