風俗メンズエステで紙パンツの持参は可能?/風俗メンズエステ研究所

風俗メンズエステで紙パンツの持参は可能?

紙パンツはお店で用意

メンズエステ、風俗エステでマッサージを受ける時に気になるのが、紙パンツ。基本的に〇〇マッサージとつくものは健全、非健全店に限らず通常紙パンツと呼ばれるエロティックなパンティーをはくことになります。

お店によって意外に多種多様なデザインの物を用意しており、通常のティーバック型、ふんどし型にトランクスタイプ、超絶にエロいビキニタイプなど色々です。紙パンツがエロいから、そのお店ではハッピーエンディングがOKという訳ではなく、大概どこのお店もマッサージがしやすいように股間部分を覆う面積が少ないものを用意しています。

勿論これらはオイルにパウダー、もしくは先走りなどで汚れてしまうので使い捨てタイプですが、これらはお店で用意するものでありお客である男性が持ち込みをする必要性はありません。

紙パンツ持ち込みはお店、女性次第

紙パンツを自分で持ち込みたい!という男性はそこまで多くありません。しかし風俗エステ、メンズエステに通い慣れた猛者的な男性であればあるほど、「もっと、もっと際どい下着で挑発したい!」と思うもの。例えばゴムがよれてユルユルの紙パンツは勃起力で、あらら、お顔がコンニチワしちゃいました!ですとか、シースルー的なモロ見えちゃいます!という、とにかくペニスを見せたがりな露出癖の男性は特に紙パンツにこだわる傾向があるように思います。

しかし、果たして紙パンツもとい神パンツって、持ち込んで怒られないものなんでしょうか?実際この問題はお店、女性セラピスト次第であり、通常は「お店で用意する紙パンツを利用して頂いております。」というスタンスが基本です。つまるところ自分で持ち込みをした紙パンツはあまり歓迎されないということ。

男性による紙パンツ持ち込みが比較的許容される例として、

①それこそ大の常連さんである
②周知のセラピストさんがいる
③そもそもヌキが楽しめる風俗エステ

これらの場合に関しては、頼み込めば「え~」とは言われるでしょうが、しぶしぶ紙パンツ持ち込みを許諾してくれるパターンが多いようです。だいたい男性客が持ち込みのはペニス部分がクッキリ分かる、比較的エロエロな雰囲気の超絶ビキニタイプが多い為、健全、大手のメンズエステなどに掛け合った場合は、問答無用に「当店では承ることはできません!」と言われることほぼ確定事項なのでその辺も覚えておきましょう。

トラブル回避の為には

さて実際に紙パンツをオンラインまたはセックスショップで購入し、それを履いてマッサージを受けたとしましょう。しかしここで勘違いしてほしくないのは、意外に女性セラピストは冷めた目線でお客を見ているということ。

紙パンツを持ち込みたいと騒ぐ時点で若干引かれているはず。お客の勃起したペニスをみて「あぁ、美味しそうなペニス」、「男らしくて素敵……」と思う女性はほとんどおらず、あくまで正常運行のマッサージが遂行されます。

ここでハッスルしてしまい、健全店であるにも関わらず「手コキをおねだり」したり、わざとペニスをポロリして「フェラを誘導する」などなどは基本厳禁。つまりこちらからの過失ではないアクションは、出禁になりかねない、もしくはお店のルールに反し女性に性的行為をさせたと罰金を食らうことも十分考えられます。

あくまで自分の露出癖という自己満を満たす為だけに着用する分に留めるべき。そしてちょっとした勃起に先走り、射精は「女性のセラピストが敏感な部分をこすり過ぎたからだ!」という自己主張が通る程度で収める、これが楽しく、気持ちよくトラブルなしで風俗メンズエステを楽しむ極意。

マッサージ施術中の勃起、射精はよくある男性の生理現象、しかしそれ以上の積極的な性的アプローチはセクシー紙パンツだけで留め、良好なお客とセラピストの関係性を築いていきましょう。

過去記事:欧米系のセラピストはいる?それとも遊べない?→

風俗メンズエステとは?基礎編

出張風俗メンズエステを呼んでみよう

風俗メンズエステのサービス・楽しみ方

業種別!ヌキありメンズエステ料金相場

相互リンクページ

当サイトからのお知らせ

免責事項

風俗メンズエステ研究所では、全てのコンテンツや画像、リンク先において厳重にチェックを施しておりますが、全てにおいて責任を負うことはできません。参考にされる場合は、ご自身の責任と判断の下ご利用下さいますようお願い致します。
風俗メンズエステ研究所 管理人