メンズエステのちょっと気になる紙パンツ事情/風俗メンズエステ研究所

メンズエステのちょっと気になる紙パンツ事情

紙パンツを使うエステ店・使わないエステ店

エステと紙パンツは切っても切れない関係です。特に風俗ではない一般的なエステや本格マッサージ店なら、必ず用意してあり着用します。

しかし風俗系のメンズエステでは用意されていないお店のほうが多いです。それはどうせ見られるし触られるからという理由もありますが、タオルで隠す店がほとんどだからです。

まずプレイ前にシャワーを浴びて腰にタオルを巻いて出ると、セラピストが腰のタオルを取りながらアソコが見えないように客がうつ伏せになるのをアシストします。

マッサージはうつ伏せで背中から、次は仰向けに体勢を変えますがそのときもセラピストがタオルを持って見えないようにしてくれます。なので実質紙パンツは必要ないんですね。

じゃあ同じ風俗メンズエステでも紙パンツが用意されている店はなんのために用意しているのか?というと「プレイ」に近いですね。紙パンツを履いている自分の姿に興奮したり、紙パンツを破られてあらわになる瞬間に興奮したり・・・。

そう考えると、紙パンツを用意するエステ店もちょっと気になってきますね。

紙パンツを使うとモッコリが止まらない!

風俗のエステで楽しいのは、普通のエステならモッコリしてしまっても触ってもらうことができないけど、風俗なら絶対に最後まで面倒を見てくれるところです。

パンツの中でだんだんモッコリ大きくなっていく様子を見ると、自分も施術しているセラピストの女の子も何だか恥ずかしい気分になって、それがまた刺激になります。

紙パンツは一般的なエステでよく使われることもあり、意外といやらしい感じがありません。むしろ素材が紙だしサイズぴったりというわけではないのでブカブカ、おむつのようなちょっぴり面白い姿になります。

だけどその、直接的ないやらしさがない普通の感じが、風俗メンズエステにとっては大事なスパイスになります。普通のマッサージ店で勃起してどうしようと思っていたらセラピストにヌイてもらった・・・という、一種のイメージプレイですね。

紙パンツでも際どいところまでやってもらえる?

一般的なエステやマッサージのお店では、店によって紙パンツには触れないように無難なところまでしかマッサージしてくれない場合もあるようです。でもパンツで隠れているお尻や、正面なら足の付け根部分などはリンパがあって滞りやすいので本来ならマッサージすべき部分なのです。

その点で風俗ならアソコに触れても大丈夫ですから際どいところまでガンガンやってくれる・・・と思いたいのですが、風俗の方でも紙パンツを履いているとその部分のマッサージが疎かになってしまいがちなようです。

セラピストはヌキはできてもマッサージを極めたプロではないので、キワキワをやってくれる子とやってくれない子の違いはどうしても出てきてしまいます。

そうは言っても、タオルで隠している場合でも全く同じことが言えますから、特別パンツだからタオルだからどうというのはあまり気にしないで良いでしょう。要するに、女の子次第ですね。

過去記事:オイル・パウダーマッサージの違いを知ろう→

風俗メンズエステとは?基礎編

出張風俗メンズエステを呼んでみよう

風俗メンズエステのサービス・楽しみ方

業種別!ヌキありメンズエステ料金相場

相互リンクページ

当サイトからのお知らせ

免責事項

風俗メンズエステ研究所では、全てのコンテンツや画像、リンク先において厳重にチェックを施しておりますが、全てにおいて責任を負うことはできません。参考にされる場合は、ご自身の責任と判断の下ご利用下さいますようお願い致します。
風俗メンズエステ研究所 管理人